最低限知っておきたいpet検査


最低限知っておきたいpet検査

pet検査は、身体にブドウ糖に似た「FDG」と呼ばれる薬を投与して、そのFDGの集まり具合を画像で撮影して、全身のがん細胞の早期発見や病変の広がり具合を調べる検査です。ほかのがん検診がそれぞれの臓器や部位のがん細胞だけを調べるのに対して、このpet検査では、全身のがん細胞を一度の検査で確認できる点が特徴です。このpet検査を受けるときの注意点としては、検査前の4時間から6時間前から糖分を含んだ飲食を断つ必要があります。ミネラルウオーターやお茶のような糖分が含まれていないものであれば、検査には影響しません。また、検査前に運動は控えておかないといけないなどの制限があります。筋肉を使うと検査結果の邪魔になる可能性があるためです。検査の前日から運動は控えて、当日も会話もなるべくしないように気をつけないといけません。声帯を動かすと、投与したFDGがその動かした声帯に集まってしまう恐れがあるからです。

pet検査受診前に調べておきたいこと

pet検査はがん細胞が糖を取り込みやすい性質を利用した検査方法です。検査薬として糖に似た性質をもつ放射性同位体FDGが使用されますが、がん細胞にFDGが集まりやすい状態に身体をコントロールしておかなければなりません。つまり、検査前には血糖値を極力下げなければなりませんが、糖尿病で血糖値が高い場合には、糖が筋肉に集まってしまい、FDGが全体に分散して検査が難しくなります。糖尿病であるかどうかは事前に調べておく必要があります。また、pet検査は全てのガンを見つけ出せるわけではありません。そのため、検査の結果異常が無いと判定されても、あくまでpetが得意なガンは見つからなかったというだけです。CTやMRIなどの検査も必要だということを理解しておかなければなりません。どのようなガンがpet検査では見つけにくいがんなのか必ず自分で把握しておく必要があります。pet検査と同時にMRIやCT、エコーなどの検査も同時に行うことで検診の信頼度を上げることができます。

 

PET検査ならマーソ(MRSO)で探してお得に受診!