横浜・名古屋のpet検査事情


横浜のpet検査事情

横浜市は神奈川県の中で最も人口が多く、最大の都市です。
医療機関も数多くあり、市内に住む人々の健康を守ってくれる検査施設も数多く有ります。

健康診断などを毎年受ける人が多いものです。
特に、会社に勤めている人は毎年健康診断を受診していますが、健康診断で要再検査と言う診断を受けた場合などでは、市内にある検査施設で入念な検査を受けたり、人間ドックやオプションで用意されているpet検査を受診する人も増えています。

pet検査は専用の検査機が必要であり、横浜市の中でも検査機が導入されている施設のみで受診が可能になっています。
そのため、人間ドックと併用してpet検査を受診したい場合は、検査が出来る施設を探す必要が有ります。

尚、人間ドックやpet検査と言うのは保険適用外になっており、検査費用の負担は全額自己負担になります。
横浜市では人間ドックなどに対する費用の一部を負担してくれる助成金制度が有るので、これを利用する事で検査費用の一部を節約出来ると言うメリットが有ります。

名古屋のpet検査事情

pet検査はがん細胞に目印を付けることが出来るという仕組みを利用して小さながんの発見をすることが出来る高度ながん検診の手法です。特殊な薬剤を注射して撮影を行うという仕組みであり、どこでも受けることが出来るという簡単な検査ではありませんが、医療が発達している名古屋においては検査を受けることが出来る医療機関は複数存在しているということが出来ます。
この様なpet検査は単独で受けることも出来ますが、人間ドックで行われる様な様々な検査を並行して実施することによりより精度を高くがんの発見を行うことが出来るようになります。この様に優れた機能を持っている健診ではありますが、健康保険の適用とはならない自費診療となりますので十万円を超える費用が必要になるものであると言えるでしょう。全身の小さながんに至るまでを調べたいという場合に有効な手段であるため、予算と相談して検討することが推奨される検診の一種であると言えます。